オオナムヂの日記

30代の新米パパ、職業はシステムエンジニア。好きなこと(旅行/IT/日本史/ゲーム/読書/投資)についていろいろ綴っていきます。

【PS4】ANTHEM プレイ日記 その2

f:id:ohnamuzi:20190223161706j:plain

どーも、オオナムヂです。

ひょんなことからANTHEMを買ってしまい、何もわからずにプレイする日記の2回目。
ゲーム内のレポートを読むうちに、ANTHEMの世界観がなんとなく見えてきました。

前回のプレイ日記はこちらから!

www.ohnamuzi.com

ANTHEMの世界観

インストール待ちで強制休憩になってしまった前回ですが、インストールも無事完了し、ゲーム再開です!

f:id:ohnamuzi:20190223185718j:plain

▲再開するや否や、キャラクターの顔選択画面になりました。

f:id:ohnamuzi:20190223185728j:plain

▲なんかちょっとだけ前園に似てるのがいたので、こいつにしておきましょう(笑)

f:id:ohnamuzi:20190223185739j:plain

▲optionボタンを押すと、こんな感じでライブラリを照会することができます。
ここで世界観の勉強です。
フリーランサーというのは、天変地異を鎮めるとありますね。
うーむ、どういうことでしょうか。。。

f:id:ohnamuzi:20190223185753j:plain

▲サイファーという人たちもいるみたいです。
前回の日記で仲間のオーウェンと任務に行くって書いてましたが、あれは一緒に行ってるんじゃなくて、主人公が行ってるのをオーウェンがテレパシーみたいなのでアドバイスしてる形でした。

「創世の賛歌」への理解度が高い?は?何言ってんだこいつ、って感じですが、とりあえず、ランサーを支えるのがサイファーということで理解しておきましょう(笑)

f:id:ohnamuzi:20190223192138j:plain

▲はい、ここからが世界観を理解する上での本題。
具現者。この世を作った至高の人類を「具現者」と呼んでいるそうです。 「具現者」は「創世の賛歌」を操るみたいですね。
ふむふむ。よくわからんが、とりあえずはOK。

f:id:ohnamuzi:20190223192054j:plain

▲「創世の賛歌」は、創造の源だそうです。
要するに、「具現者」が「創世の賛歌」を歌って、この世界を作ったってことね。
いーよいーよ、嫌いじゃないよ、その斜め上からくる、ぶっ飛んだ世界観。

f:id:ohnamuzi:20190223193230j:plain

はい、ここポイントです。テストに出るとこです。
「具現者のレリック」は、「具現者」が世界を去るときに残していった奏具となります。
で、このレリックが「賛歌」から影響を受けると天変地異を引き起こし、
ランサーたちは、レリックのかけらを適切な場所に戻すことで鎮められることを発見した。

ふうー。

休憩休憩。

いやー、複雑です。この世界。(笑)

では、ここまでの世界観をまとめてみましょう。

ANTHEMの世界観

まず、「具現者」が世界を作りました。その時に「創世の賛歌」を奏でました。

「具現者」は何故か世界から去りましたが、その際、世界のあちこちに「具現者のレリック」を残しました。

「具現者」はいなくなりましたが、「創世の賛歌」は時折流れてるようです。 それが流れると「具現者のレリック」がはじけ飛んで、天変地異が発生し、人々が苦しむみたいです。

「創世の賛歌」を敏感に感じ取れるサイファーと呼ばれる人々が、ランサーと協力して、 はじけ飛んだ「具現者のレリック」を、ある場所へ戻す。これによって天変地異が鎮まり、人々に平穏が訪れる。

こんな感じでしょうかね。

間違ってるかもしれないけど、とりあえずライブラリを読んでみての最初の理解はこんな感じでございました。

さて、世界観がなんとなく理解できたところでゲーム続行!

続きはこちらから!

www.ohnamuzi.com