オオナムヂの日記

30代の新米パパ、職業はシステムエンジニア。好きなこと(旅行/IT/日本史/ゲーム/読書/投資)についていろいろ綴っていきます。

【PS4】ANTHEM プレイ日記 その6

f:id:ohnamuzi:20190223161706j:plain

どーも、オオナムヂです。

花粉が飛び回るシーズンになってきましたね。
毎年この時期は鼻炎薬とアイボンがかかせません。
そんなことはさておき、アンセムプレイ日記その6、スタートです。

前回の記事はこちらから!

www.ohnamuzi.com

Anthemの世界に暮らす人々

前回はスパイの仲間がオブザーバーに殺されたところまででした。 まだここらへんだとプレイ時間数時間といった感じでしょうかね。
※プレイしてブログ書いて、なのでよく覚えてませんが(笑)

f:id:ohnamuzi:20190226184342j:plain

▲これくらいのプレイ時間で初めてクラフトをやってみました。
こんな感じでキメラ化合物、キメラ合金、レンジャーパーツで作れるみたいです。

f:id:ohnamuzi:20190226184353j:plain

▲そしてレベル8達成。
意外と早かったので、そこまで最初のジャベリン選ぶのに慎重にならなくてもよさそうです。
で、コロッサスを選択。

以前リネージュ2というゲームをやってた時に盾職をやっていて、「俺が敵の攻撃全部受けるからお前ら攻撃よろしく」な感じが好きなんでこれにしてみました(笑)果たしてこのゲームでも「俺かてえええええ」は出来るんでしょうか(笑)

f:id:ohnamuzi:20190226184348j:plain

▲ストーリーが進んでいくと、街の中で行ける場所が増えて新しい登場人物が色々出てきます。彼女はバーの店長らしいですが、ここの店長になると数カ月で失踪するというジンクスがあるらしいです。縁起が悪い。。。

f:id:ohnamuzi:20190226184400j:plain

▲この方は「暴虐の渦」を生き延びた熟練のフリーランサーです。
もうお年を召されたので引退しているのですが、まー話が長い長い(笑)

f:id:ohnamuzi:20190226184407j:plain

▲この人はプレイ日記その3で助けたマティアス君です。
ちょっと変人ぽいですが、いくつか依頼をくれます。

f:id:ohnamuzi:20190226184422j:plain

▲街の人との交流はこれくらいにして、さっそく依頼をこなしに行っていきます。こんな感じで自動でマッチングがされます。これはもうオンラインを前提としたゲーム設計になってますね。

f:id:ohnamuzi:20190226184429j:plain

▲ボケーっとしていると、マッチングされた他のキャラクターはどんどん移動していって・・・

f:id:ohnamuzi:20190226184431j:plain

▲一定の距離が離れると、自動で強制ワープされます。なので、仲間を無視して自由奔放に何かするってのは出来ないですね。

f:id:ohnamuzi:20190226184433j:plain

▲と言ってる間に任務完了。今回は途中でスクショに夢中にならずにちゃんと任務に集中しました(笑)

f:id:ohnamuzi:20190226184453j:plain

▲経験値もビリじゃなくてホッとしました(笑)

f:id:ohnamuzi:20190226184456j:plain

▲よくわかりませんがフリーランサーの忠誠1が解除されて街に銅像ができてみたいです(笑)

f:id:ohnamuzi:20190226184501j:plain

▲フリーランサーの忠誠とかいうのは、街の人々と話している際に、自分の発言をどうするかを二択で求められるんですが、、、

f:id:ohnamuzi:20190226184504j:plain

▲その答え方によって、どの忠誠値があがるかが決まっているみたいです。この場合はすべて上がってますね。

f:id:ohnamuzi:20190226184507j:plain

▲あと、街の中にはこんな感じで物が落ちてます。コーデックスというのはoptionボタンを押したときに開くライブラリとかがあるメニュー画面ですね。これをどんどん追加していくことで世界観が膨れ上がっていく感じでしょうか。

はい。ということで今回は街の人々に焦点をあてて解説してみました。なかなかキャラクターの強い人物ばかりで、このあとどう絡み合っていくのかが楽しみであったりもします。

こういう系のゲームはバトルシーンが売り物で、ストーリーはオマケ程度の印象がありますが、かなり作りこまれている感が伝わってくるので、ストーリーについてもしっかり楽しめるよう、ところどころで整理していきたいと思います。

次の記事はこちらから!

www.ohnamuzi.com