オオナムヂの日記

30代の新米パパ、職業はシステムエンジニア。好きなこと(旅行/IT/日本史/ゲーム/読書/投資)についていろいろ綴っていきます。

【PS4】ANTHEM プレイ日記 その10

f:id:ohnamuzi:20190303184328j:plain

どーも、オオナムヂです。

今回はサイドストーリーをじっくり見ていきたいと思います。今はサイドストーリーだと思ってるんですが、最終的に全部が混ぜ合わさってメインストーリーに合流するような雰囲気もありますので、しっかり理解して進めていこうと思います。

前回のプレイ日記はこちらから!

www.ohnamuzi.com

依頼をくれる人たち

前回のプレイ日記で、依頼をくれる人は大きく3人いるという話をしましたが、その人たちを一人一人見ていこうと思います。

引退したフリーランサー:ヤーロウ

まずは、引退した元フリーランサーのヤーロウさんです。

f:id:ohnamuzi:20190303184610j:plain f:id:ohnamuzi:20190303184613j:plain

▲いわゆる熱血漢で、最初は主人公の腕を試そうと簡単な依頼をくれます。そこで信用をしてくれたのか、段々難易度の高い依頼をくれるようになります。今時点では、ストライダー(大きい輸送の乗り物です。トロイの木馬みたいな感じの大きさです。)が、魔物に襲われてそれを助けるところまで終わりました。

次の依頼もそのストライダー絡みのものです。最初は様子見で依頼をしてきていましたが、今では「頼む~」みたいな言い方に変わってきています。

真面目なセンチネル:リサ・プリン

続いて、見るからに韓国人なプリンです。前に女スパイから紹介された人ですね。

f:id:ohnamuzi:20190303184619j:plain f:id:ohnamuzi:20190303184623j:plain

▲センチネルは壁の中を守る人たちのことですが、ちょくちょく問題を引き起こすフリーランサーとはあまり仲が良くないようです。なので、プリンも上司の許可を得ることなく主人公に依頼をしてきます。

依頼内容はいずれもスカーズ(魔物)の除去となりますが、その過程の中でスカーズ自体もレリックを求めてることが明らかになっています。ドミニオンといいスカーズといいレリックを手に入れて一体何をしようというんですかね。ここらへん物語の中核に絡んできそうな感じです。

異色なアルカニスト:マティアス

はい、このプレイ日記でもおなじみのマティアス君です。

f:id:ohnamuzi:20190303184627j:plain f:id:ohnamuzi:20190303184630j:plain

▲アルカニストは学者を意味しますが、普段のしゃべり方が全然学者らしくないです。そんな彼は、すべての知識が結集された本「エリシアン写本」を手に入れようとしていてフリーランサーに依頼をしていました。直近の依頼で「エリシアン写本」を手に入れることに成功しましたので、今後の動きがどうなるか、ほかのストーリーと合流するのかが注目ポイントです。

ということで、今回はここまで。
バトルはもちろん、ストーリーもしっかり楽しんでいきたいので、定期的にストーリーをまとめる今回のような記事も取り入れていこうかと思います。

次の記事はこちらから!

www.ohnamuzi.com